ピアノの調律をしよう|正しい音を出す魔術師

プロに任せて確実な結果を

楽器を持つ雪だるま

大事な楽器に不具合が発生したら、無理をして自分で修理をすることは避けたほうが賢明です。なるべく早い段階できちんとした知識を技術を持っているプロの業者に任せると、あまり費用も掛からずに確実な結果が得られる可能性が高くなります。

詳しく見る

業者依頼の注意点

ピアノ

ピアノの調律は、信頼できる人に頼みたい、技術や経歴などでも選ぶポイントですが、価格も比較します。同じ調律でも業者間によって異なります。妥当と思える価格で比較して探します。また、サービス対応力も確認ポイントです。

詳しく見る

正しい音を出すために

様々な楽器

楽器が正しい音を出せなくなったときには、修理してくれる業者に頼めば以前の音をきちんと取り戻せます。それぞれの楽器を専門としている職人がいますので、その方が所属する業者を見つけて、バッチリと直してもらいましょう。

詳しく見る

長くよい状態を保つために

ピアノ

ピアノの調律はよい状態を保つために必須のことです。信頼できるか見極めるためには、疑問点をどんどん質問してみるのがおすすめです。嫌がらずに丁寧に答えてくれる人はよい業者であるといえます。経験や技術の差だけでなく、癖などもあるので、気に入った調律師は個人的に依頼しておくのもおすすめです。

詳しく見る

定期点検が重要

ウーマン

楽器の修理にあたっては業者選定が重要ですが、いくつかポイントがあります。まずうは明朗会計かどうか、さらにはスタッフの技術力と経験です。その業者がどの程度修理実績があるのか、メーカーのライセンスを保有しているプロなのかはポイントです。またスピーディー対応や全国対応できるかも大きなポイントとなります。

詳しく見る

選ぶ基準ポイントとは

演奏する人

技術と経験

ピアノはちゃんと手入れを続ければ、半世紀以上は持つことができます。子供が産まれて、親せきや知り合いからピアノを譲ってもらって子供にも習わせたけれど、調律が必要なことは知らなかった、少々痛んできている、そこで調律を業者に頼んだら、新しいの買った方がいいですよ、寿命です、といったことを言われてしまったら後悔してしまいます。実際には、調律を頼んでいるのに買い替えを案内されるということは余程のこちが無い限りありえないのですが、例えばフレームが曲がってしまう、水没してしまうといったようなこと以外であれば、修理、整調、整音をすれば復活させることができます。では、どういった人に頼んだらいいのか、大手の楽器店や中古楽器専門店などに頼む方法とフリーで活動をされている方に頼む方法があります。フリーの方のほうが、値段の交渉はしやすいのですが、本当に信頼できる人なのかどうかというのがポイントになります。ピアノを調律する仕事って、何か国家資格を取得しなければなることができないというものではなく、自称で仕事ができるのです。しかし、それであると信頼に欠けますからフリーの人に頼む場合は、その人の技術力と経験を確認することです。サイトに情報を出しているのであれば、楽器店に勤めていた経験があったり調律師の専門学校を卒業しているか、どういった経験をしているかなどです。ピアノ調律する経験は、いきなり社会に出てピアノを触らせてもらえる経験はありませんから、専門学校で台数をこなして、さらに楽器店でベテランに同行してピアノ調律に従事してきた経歴を持っているなどを確認することです。